NURO光を自宅の光回線としてお勧めする理由

NURO光をお勧めする理由

今回は、私が自宅で使っている光回線、NURO光について紹介します。
一応、参考までに通信速度測定した結果を貼り付けておきます。

理論値で下り最大2Gbps、筆者実測値で概ね400Mbpsは出ているよ。

インターネットへの接続方法

一般的にインターネットが利用されるようになったのは1990年代半ば頃です、当時インターネットに繋げる場合、電話回線にモデムを接続し、アクセスポイントへダイヤルアップ接続していたものです。それが、21世紀に入ってから常時接続の時代が到来し、最初はアナログ電話回線を使ったADSL方式が、次第に光ファイバーへと変化してきました。過去の実情を知らない方からすれば、インターネットっていつも繋がって当たり前と思われても仕方ないでしょう。

さて、現在インターネット接続をする環境としては、固定とモバイルの2種類になります。モバイルというのは携帯電話の事、要するにスマートフォンを外出先で使うといった用途を言います。そして固定は、自宅にインターネット専用の線を引き込んで使う用途です。かつては電話網を使って接続していましたが、今の主流は光ファイバーという訳です。

光回線の種類

ざっくり言えば、光ファイバーを自宅に引き込んでインターネットに接続する、と認識して頂ければ大丈夫です。

では、光回線には、どんなものがあるのでしょうか? 大きな括りで言えば、以下の3つに分類されます。

  • NTTのフレッツ光
  • auひかり
  • NURO光

えっ、○○光といったサービスが沢山あるのに、これだけって思われた方も多いでしょう。実は、○○光の多くは、NTTフレッツ光回線を使った光コラボレーションとして提供されているサービスなのです。このため、サービス仕様もフレッツ光と同等になりますので、フレッツ光と一括りになるという訳です。

auひかりは、KDDIの光ファイバー網とNTTのダークファイバーを用いてインターネット接続するサービスです。

NURO光は、NTTのダークファイバーを用いてインターネット接続するサービスです。

という訳で、接続に用いられる回線で括ると、上記の通りとなります。

NURO光ならではの利点

さて、前置きが長くなりましたが、NURO光について深掘りしましょう。

先述した通り、NTTのダークファイバーを用いてインターネット接続するサービスとなります。このため、フレッツ光回線とは異なる経路でインターネット接続する事になります。フレッツ光回線は、○○光といったものも含まれるため、それらの利用者が回線をシェアする事になります。するとどうなるでしょうか? 利用者が多く回線が混雑している時は、通信速度が下がってしまいます。NURO光の場合は、NTTのフレッツ光とは別の回線を使う事で、回線が比較的混雑しない事と、それにより安定した高速通信が可能という訳です。

要するに、NURO光はNTTのフレッツ光とは別の回線を使うため、影響を受けにくいと認識でOKです。
また、理論値ではありますが、2Gbpsという速度も魅力です。10Gbpsのサービスも存在しますが、割高になってしまうため、現在の主流は1Gbpsが殆どです。

欠点もある

どのようなサービスにも、利点があれば欠点もあるものです。NURO光も例外ではありません。

まず、プロバイダーはSo-net一択になります。○○光、例えばドコモ光で言えば、プロバイダーは何社から選べます。しかし、NURO光ではそれが出来ません。これは利点でもあり、欠点でもありという所です。NURO光の場合は、運営元がソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社なので、このような事になっています。

また、工事が宅内工事と宅外工事の2回必要となります。これは、宅内工事はソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社の管轄ですが、宅外工事はダークファイバーから光ファイバーを宅内へ引き込むというNTT管轄の工事が必要なためです。このため、開通までに時間がかかる場合があります。

また、提供エリアが限定されていて、公表されている情報では北海道、関東、東海、関西、九州となっていますが、この中でも一部エリアとなっています。これは単純に、NTTのダークファイバーが無い所ではサービス提供出来ないという事です。

こういう方にお勧め

理論値で下り最大2Gbpsと言っても、実測でここまで出る事はほぼないです。私の経験上、概ね400Mbps程度は出ています。

とは言え、フレッツ光系だと理論値1Gbpsですので(補足すると10Gbpsのサービスもありますが、○○光の殆どは1Gbpsなので、このような表現にしています)、こっちの実測値と比べると通信速度は速いのではないかと予想しています。

この位の通信速度が確保されると、極端な例ですが、パソコン2台でYouTubeをフルHDで再生しながら、ひかりTVで4K放送を視聴する、といった使い方にも耐えられると考えています。

導入を検討している方へ

導入を検討している方の多くは、既に別の光回線契約をしているけど乗り換えるタイミングをどうしようかと考えているかと思われます。そして、その多くがいわゆる2年契約で、途中解約すると違約金が発生するケースかと思われます。そこで、欠点にも記載しましたが、工事が2回必要なため開通まで時間がかかる、という事を念頭において、2年契約の更新月に2回目の工事を終わらせて開通出来るよう、早めに動いておく事をお勧めします。

NURO光導入を検討している方は、下記リンクからオフィシャルサイトへアクセスして下さい。

  にほんブログ村 IT技術ブログ 回線・光ファイバーへ
にほんブログ村

コメント