トリシティのヘッドライト、標準品と交換のみで見た目もシャープに

トリシティのヘッドライトバルブ交換をお勧めする理由

現行のトリシティはLEDヘッドライトですが、私が乗っている初期型はハロゲンバルブです。よくある黄色っぽい色の、ごく普通なものなのですが、そこから上に延びているポジションランプが白のLEDで、せっかくポジションランプが白でキリッとしているのに、真ん中にあるヘッドライトが黄色という、見た目がアンバランスなのが気になっていました。そこで、なるべく安価にヘッドライトをカスタム出来ないか思い、白っぽいライトになるヘッドライトバルブと交換する事にしました。

トリシティのヘッドライトバルブをノーマルから交換するよ。

候補選定

ヘッドライトのカスタムと言うと、LEDに交換、HIDバルブに交換という事を連想する方も多いかと思われます。確かにそのようなカスタムをしている方も多いようです。しかし、いずれの方法も、安価では済まず、しかも加工が必要な場合もあるため、カスタムするにしても難易度が上がります。そこで色々と調査したところ、一番手っ取り早いのが、ヘッドライトバルブをそれっぽい色合いのものに交換するという事です。この方法の利点は、費用はヘッドライトバルブの料金だけで済む事と、交換前のヘッドライトバルブをバイクに積んでおけは、出先でバルブ切れがあった場合もスペアとして使用出来る事です。ヘッドライトバルブの交換をするためのノウハウだけが判明すれば、安価かつ容易に出来ます。という訳で、ヘッドライトバルブ交換という手段を選びました。

ヘッドライトバルブを交換するだけだから安価かつ容易だよ。

ヘッドライトバルブの選定

次に、どのメーカーの製品を使うかですが、色々とラインナップがあります。その中で、価格面とのバランスが良さそうなものとして、M&Hマツシマ製のものが、ラインナップも豊富で価格も比較的安価なものが多いように思いました。

高効率ハロゲン バイクビーム

更に調べてみると、2りんかんではM&Hマツシマ製OEMのヘッドライトバルブがある事を知りました。これだと、M&Hマツシマ製より安価で済みます。但し、2りんかんでないと売ってないのと、ヘッドライトバルブの種類が少ないのが難点です。そのため、2りんかんが近くにあって、実際に製品を手に取って確かめた上で選べるのであれば、こちらがお勧めです。ちなみに私は、実際に2りんかんに出向いて、以下の商品を購入しました。

実際のラインナップはクリアとホワイトの2種類でした。クリアは一般的な黄色っぽい色だろうと予想出来ましたが、ホワイトがどれにあたるのか、商品の説明書きを見ても予想は出来ませんでした。そこで、実際の製品そのものを見比べて、M&Hマツシマ製のホワイトゴーストに比較的近いように思いました。そこで、ホワイトをチョイスしたという訳です。

M&Hマツシマ製の同系のヘッドライトバルブについての詳細は、↓よりアクセスして下さい。

ホワイト系のヘッドライトバルブをチョイスしました。

ヘッドライトバルブの交換

交換作業は自分でやりました。

右下から覗き込んだ様子です。

最初に、コネクターを外します。

防水カバーを取り外します。

バルブを固定している留め金を外して、バルブを取り外します。

留め具ですが、上の方が曲がっていて、コの字のようになっているのがわかるかと思います。この先端が、本体側と引っ掛かって固定されていますので、外し方にはちょっとコツがいります(手探りで作業したため写真もなく、上手く説明出来なくてすみません)。

後は、新しいバルブを装着して、この「コの字」部分を本体に引っ掛けて固定します。この固定する時も、外す時と同様にちょっとコツがいります。後は外した時と逆の手順で、防水カバーを付けて、コネクタを付ければ出来上がりです。

留め具の付け外しにちょっとコツがいるよ。

交換前と交換後の比較

交換前と交換後の写真を並べてみました。

昼間なのでわかりにくいですが、若干青みがかったように見えるかと思います。この後、夕方に走ってみましたが、特に気になる事はなく、いい感じの光り方をしています。明るくなったのかについては、真っ暗の中での比較をしていないため何とも言えませんが、パッケージに偽りなしを信じるのであれば、明るくなっているんでしょうか。そして、見た目でも、だいぶ雰囲気が変わりました。まあ、どうしてもポジションランプと色合いを合わせたければ、同色のLEDにするしかないですね。とは言え、安価で雰囲気をこれだけ変えられたのですから、現状はこれで満足しています。

完璧ではないけど、安価でもだいぶ雰囲気が変わったよ。

ちなみに交換前のヘッドライトバルブは、シート下に入れてあります。これで、出先でバルブ切れといったトラブルが起きても、スペアとして使えます。まあ、スペアというよりはお守り代わりのような感じかな。

昨今のバイクはLEDが当たり前になってしまいましたが、まだまだハロゲンバルブのバイクに乗っている方も多いかと思われます。見た目を狙ったプチカスタムにも、バルブ切れでこの機会に違ったカラーに交換してみるという事にも、安価で出来るのでお勧めです。

トリシティカスタムシリーズ

トリシティのカスタムについては、以下の記事でも紹介しています。併せてご覧頂ければ幸いです。

にほんブログ村 バイクブログへ
にほんブログ村


スクーターランキング

コメント

  1. momo より:

    はじめまして
    コメント失礼します。
    検索でヒットした旧ブログ?のトリシティのバッテリー交換の記事からとんできました。
    お薬も2つは以前飲んでたお薬で (というか今も飲まないままのがいっぱい残ってます)
    私も体を少し壊して数ヶ月乗らなかったら セルが回らない・・・
    という事に昨日気付き……どうしよう(~_~;) と。
    バイクのことは全く分からなくて充電か交換かすらわからず
    検索しているうちにたどり着きました。
    画像もあって とても分かりやすかったです。
    参考になりました。ありがとうございました。

    • MajestyMajesty より:

      コメントありがとうございます。
      参考になったという事で、嬉しく思います。
      暫く乗らないでいると、やはりバッテリー上がりは避けられないですね。
      乗る機会がなくても、定期的にエンジンかけておく事をお勧めします。
      今後も体調に気を遣いながら、バイクライフを楽しんで下さいね。