Xiaomi Mi スマートバンド 5について、忖度なしでレビューします

始めに

本記事では、Xiaomi(シャオミ) Mi スマートバンド5について、いい点といまいちな点を忖度なしでレビューします。スマートウォッチやスマートバンドが欲しいと思っている方にとって参考になれば幸いです。

スマートウォッチとスマートバンドの違い

スマートウォッチやスマートバンドが欲しいって思っている方の多くは、Apple Watchが欲しいと思っている方、またはApple Watchは高くて手が出ないから、もっと安価で機能的にも満足出来る機種がないかなとリサーチしている方のいずれかではないでしょうか。

そもそも、スマートウォッチとスマートバンドは別物です。何が違うかと言えば、見た目では大きさでしょう。スマートウォッチはウォッチ=時計というだけあって、腕時計に様々な機能が盛り込まれたものと理解してもらって構いません。一方でスマートバンドは、リストバンドに様々な機能が盛り込まれたものと理解してもらって構いません。細かい違いを書き出すとキリがないので、ざっくり言えば、このような違いがあると認識して頂ければ大丈夫です。

以上を踏まえると、Apple Watchはスマートウォッチに分類されるという事がおわかりでしょう。

では、Apple Watchが欲しいと思っている方、何に使おうと考えていますか?

例えば、電話を使いたい、Suicaを使いたい、メールやLINEをチェックしたい、地図を表示してナビゲーションしたい、歩数計代わりにしたい、睡眠状況を測定したい、等々、実際に使えそうな機能をザッと列挙しましたが、これ全部使いますか?

電話やメールはスマートフォンで使えばいいので、そこまでの機能は必要ない、そう考えているのであれば、高価なApple Watchに拘る必要はないと言えます。そこで、比較的安価で機能的にも満足出来るスマートウォッチやスマートバンドの登場という訳です。

Apple Watchって高価かつ高機能だけど、そこまでの機能は必要ないよね。

Xiaomiというメーカーと取り扱っている製品について

まず、Xiaomiって何ぞやという所から説明します。Xiaomiは、中国の家電メーカーです。日本ではあまり馴染みがないように思われますが、ミドルレンジクラスのスマートフォンが比較的安価で手に入るという事から、日本でもSIMフリースマートフォンとして、格安スマホと称されるMVMOから販売されていたりします。実は馴染みがないように思われて、意外と身近な存在だったりします。

Xiaomiって初めて聞いたって人も多いよね。

そんなXiaomiですが、スマートウォッチとスマートバンドの取り扱いもあります。

スマートウォッチとしては、Mi Watch、Mi Watch Liteの2機種があります。こちらはスマートウォッチというだけあって、画面が大きいのが特徴です。しかし、Apple Watchのような通話機能とかは搭載していません。スマートウォッチと言っても、Apple Watchのような機能満載なものばかりでないという事がおわかりかと思われます。以下に販売ページのURLを貼っておきます。

スマートバンドとしては、Mi スマートバンド 4、Mi スマートバンド 5、Mi スマートバンド 6の3機種があります。このうち、現時点において日本国内正規販売されているのは、Mi スマートバンド 4とMi スマートバンド 5になります。Mi スマートバンド 6についても、まもなく日本国内正規販売が始まります。どれも、リストバンドサイズのもので、画面は小さいものの、スマートバンドとしての最低限の機能は網羅しています。Mi スマートバンド 5について、以下に販売ページのURL(楽天とAmazon)を貼っておきます。

スマートウォッチ、スマートバンドも取り扱っているんだね。

Mi Smart Band 5を選んだ理由

ここで、ようやく本記事のタイトルにある、Mi スマートバンド 5に触れる事が出来ます。この機種は、Mi スマートバンド 4の後継機種であり、Mi スマートバンド 6が存在しているため、いわゆる型落ち品という位置付けになってしまいます。とは言え、Mi スマートバンド 6より劣るという事はなく、むしろ優れている点が多いのも事実です。

では、この製品を選んだ理由について述べます。まず、必須とした機能は、歩数計測、心拍測定、睡眠測定です。特に睡眠測定は、深い眠りや浅い眠り、レム睡眠まで判定してくれるものを必須としていました。機種によっては、睡眠測定も寝ている時の身体の動きだけで判定するものがあったりします。心拍測定も加わる事で、より正確な睡眠測定結果が得られると考えています。その他、スマートフォンからの簡易通知も便利そうだなと思いました。そしてバッテリー保ちです。通常モードで14日間使えるとの事で、実際はこれより短くても、10日程度持てば十分かなと思いました。そして価格、Amazon販売価格で4,490円という破格の安さです。

4,490円ってApple Watchの1割位の価格だよ。

商品レビュー

では、実際に製品を見てみましょう。

以外と、という言い方は失礼かもしれませんが、外箱は結構格好いいです。

同梱品は、本体、充電ケーブル、取扱説明書のみです。

全体的に小振りな作りになっています。取扱説明書は、英語、日本語、韓国語の表記となっています。おかしな日本語も特にありませんでした。

本体を充電して、その間にスマートフォンで使うアプリ「Mi Fit」のダウンロードとインストール、それとユーザー登録を済ませます。

充電が完了したら、「Mi Fit」からBluetooth接続してペアリング、ウォッチフェイスも好みのものに設定すれば、完了です。

いい点

大きさがちょうどいいですね。勿論、スマートバンドを選んだので、この位のサイズ感は想定通りです。画面も有機EL(AMOLED)ディスプレイなので、とてもきれいです。本体への充電は、ケーブルを本体背面の充電端子にマグネットでつけるだけですので、簡単に出来ます。ちなみに前身であるMi スマートバンド 4では、充電の度にバンドから本体を外す必要があり、不評だったようです。

歩数計測は、家の中を歩いてみて、その結果を見る限り、特に誤差はないように思われます。とは言え、この手の製品は、手や身体の動きによって歩数に誤差が出てくるのは仕方ないものです。

睡眠測定は、初日にレム睡眠の測定結果がなかったのですが、「Mi Fit」アプリの設定を確認すると、心拍数モニタリングが自動心拍数モニタリングとなっていた事が原因のようで、自動心拍数モニタリングと睡眠アシスタントに設定を変更する事で、翌日からレム睡眠の判定も出るようになりました。寝ている時の様子って自分ではわからないものですが、睡眠状態を可視化出来ると、健康のバロメーターのような使い方も出来ます。

スマートフォンからの通知も受ける設定にしましたが、LINE、メール、アプリからの通知が手元で見えるのは便利ですね。通知する内容も、ある程度はアプリ単位で設定出来ますので、自分に必要なものだけを設定しておけば、必要な情報を手元で見逃す事もありません。

バッテリー保ちは、6/23夜から使い始めて、この記事執筆時点でまもなく丸4日が経過しようとしていますが、バッテリー残量は60%と、思った以上に優秀です。1日当たり10%の消費と考えると、10日程度がいい所だと思いますが、1週間に1回の充電であれば、ストレスフリーですね。

大きさ、機能性、バッテリー保ちを総合的に見てコスパいいね。

いまいちな点

このサイズ感に納得して選んだとは言え、1.1インチサイズの画面は思ったより小さいですね。特に、スマートフォンからの通知を見ると、凄く小さな文字になってしまいます。また、ウォッチフェイスも色々と試してみましたが、情報量を多く表示させるようなものだと全体的に文字が小さく、ひと目で全ての情報を見るには無理があります。なので、ウォッチフェイスはなるべくシンプルなものを使って、スマートフォンからの通知は必要最低限の情報が読めればいいという使い方が合っているかと思われます。

このサイズだと、一度に多くの情報を画面で見るのは厳しいよ。

競合する機種

他メーカーも含め、似たような機種ってないのか、気になりますよね。特に気になるのが、まもなく日本国内正規販売が始まるMi スマートバンド 6だと思われます。こちらは、Mi スマートバンド 5と比べると、画面サイズが大きくなっている(上下の半円部分まで画面になっている)、SpO2測定が出来るというのが大きな違いです。このため、Mi スマートバンド 5より価格も上昇しています。また、機能がアップデートされている割にはバッテリー容量が変わらず、バッテリー保ちが悪いという情報を見た事があります。

他メーカーで競合しそうな製品としては、HUAWEIのスマートウォッチ Band 6かな。血中酸素常時測定という優れものです。価格はMi スマートバンド 5より高価ですが、こちらはスマートウォッチというカテゴリーで考えると比較的安価と言えるでしょう。以下に販売ページのURL(楽天とAmazon)を貼っておきます。

こんな方にお勧め

スマートウォッチやスマートバンドの購入を考えているけど、出来るだけ初期投資を抑えたいという方には、価格と機能面のバランスを考えるといい選択肢だと思われます。いきなりApple Watchのような高機能スマートウォッチを使いこなすのは難しいかもしれませんが、それの1割程度の価格なのに機能面で充実しているMi スマートバンド 5は、初めてスマートウォッチやスマートバンドを購入するという方でも満足して頂けるものだと考えております。

私はスポーツをやらないのでワークアウト機能については触れませんでしたが、11種類のワークアウトモードを搭載しています。また、これは女性向けになりますが、月経周期を管理する機能もあります。このような機能を使ってみたいという方にもお勧め出来る機種となっております。

興味関心のある方は、↓からどうぞ。


ガジェットランキング

コメント