就職活動はネットを活用しよう、障がい者雇用に特化した転職サイトを紹介

はじめに

この記事では、障がい者雇用に特化した転職サイトを紹介しています。

転職サイトといえば、今や数多く存在しています。これらのほとんどは、いわゆる一般枠での転職サイトになります。

しかし、障がい者雇用に特化した転職サイトも、数は少ないものの存在しています。このようなサイトの中から、実際に私が会員登録しているもの2サイトを紹介していきます。

今回紹介する転職サイトは、アットジーピーとクローバーナビです。それぞれ特徴が異なっております。転職サイトへの登録は複数サイトの登録が基本ですが、あまり多く登録しても後で混乱してしまう事にもなりかねません。と言うのも、学歴、職歴、自己PRといった内容をサイトに登録するのですが、それぞれ異なったフォーマットだったりして、書き方に迷われると思います。このため、まずは今回紹介する2サイトを登録しておく事をお勧めします。

転職サイトの特徴

転職サイトは、ウェブサイトに掲載された求人情報を検索する事ができるサービスです。インターネット上でのサービスですので、自宅でパソコンやスマートフォンを利用して就職活動をする事ができます。

検索の仕方も、職種や勤務地で絞り込む事もできます。また、求人サイトでは、企業の情報や詳細な募集要項なども掲載されています。求人数も非常に豊富で、様々な職種から幅広いポジションの求人があります。

こういった事から、ハローワークで検索しても出てこないような求人に出会える事もあり、多くの方が利用しています。

一般的にこのようなサイトは、企業が転職サイトに広告費を払って求人情報を載せています。ちなみにハローワークに求人情報を出すのは費用がかかっていません。そのため、お金を払ってでもいい人材を採用したいという企業の姿勢も見て取れます。

リクナビNEXTより引用

今やインターネットで就職活動するのは当たり前の時代です。これは、転職活動をする側、採用する企業側の双方に言える事です。更に言うと、ご時世的な背景もあって、求人応募はネット経由で、面接もオンラインというケースも増えているようです。

転職サイトへの会員登録

転職サイトを利用するには、会員登録が必要となります。サイトにアクセスして、氏名、住所、連絡先、メールアドレスといった個人情報を登録すれば、求人検索ができるようになります。更に、学歴や職歴といった内容を登録しておく事で、ネット上から求人応募する事もできます。但し、一部の求人によっては、ネットからはエントリーのみで、別途履歴書と職務経歴書を送付する必要もあります。

会員登録そのものは無料でできますので、転職活動をするのであれば、複数サイトに登録しておく事をお勧めします。とは言え、数多く登録すると、管理が大変になりますので、2サイト程度に抑えておいた方がいいです。

転職サイト毎に登録方法は異なりますが、登録に必要な内容はどこも同じような内容になります。特に学歴や職歴といった内容については、事前に履歴書や職務経歴書を作成しておくと、登録する際に困りません。また、登録した内容から、職務経歴書にフィードバックするといった使い方もできます。

このような事から、転職活動をする早い段階で登録しておく事をお勧めします。

障がい者雇用に特化した転職サイト

障がい者雇用に特化した転職サイトの中から、2サイトを以下に紹介します。いずれのサイトも、私自身が登録しており、求職活動をする上で実際に利用したサイトです。

アットジーピー(atGP)

アットジーピーは、 株式会社ゼネラルパートナーズが運営している障がい者向け転職サイトです。

2006年に、障がい者向け転職サイトを立ち上げた事が始まりです。また、転職サイトの運営だけでなく、転職支援サービス、就労移行支援サービスといった事業も展開しており、運営元も信頼できます。

求人検索では、障がい配慮や、精神障がいの疾病毎に採用実績から検索することもできますので、障がいに理解のある企業に出会えるチャンスも広がります。

また、スカウトサービスもあります。これは、登録した情報を元にマッチする求人を届けてくれるサービスになります。

非公開求人も多いのも特徴です。これにより、思わぬ求人に出会える事もあります。

以下に、オフィシャルサイトへのリンクを載せておきます。まずは転職サイトへの会員登録だけでもしておく事をお勧めします。尚、非公開求人に応募する際には、加えて転職エージェントサービスにも登録する必要があります。

クローバーナビ

クローバーナビは、株式会社ジェイ・ブロードが運営している障がい者向け転職サイトです。

2004年に、障がい者のための就職情報サイト「クローバーナビ」を開設した事が始まりです。転職サイトとしての役割だけではなく、就職フォーラムの開催もあります。また、企業から就職フェアの案内も多くきます。このため、障がい者と、雇用する企業の架け橋的な存在でもあります。

オフィシャルサイトより引用

求人検索では、障がい配慮や、雇用実績のある障がいから検索することもできます。また、先述の就職フォーラムに参加している企業の求人もありますので、障がいに理解のある企業に出会えるチャンスも広がります。

以下に、オフィシャルサイトへのリンクを載せておきます。まずは会員登録だけでもしておく事をお勧めします。

終わりに

障がい者雇用に特化した転職サイトとして、アットジーピーとクローバーナビを紹介させて頂きました。

どうしても障がい者雇用に特化した転職サイトって数少ないのですが、今回紹介した両者は、非公開求人のあるアットジーピー、就職フォーラムがあるクローバーナビと、それぞれ特徴が異なっています。

他にも転職サイトはあるのですが、あまり数多く登録しても混乱してしまうかもしれませんので、今回紹介した2つを会員登録しておくだけでも十分かと思われます。

障がい者雇用枠での求職活動を進めていく上での参考になれば幸いです。

関連記事

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング

コメント