退職代行を利用するようなケースにおいて知っておくべき内容について解説

スポンサーリンク
スポンサーリンク

はじめに

この記事では、退職をするに当たって、退職代行サービスを利用するようなケースにおいて知っておくべき事について解説しています。

会社によっては、休職にも応じてくれない、退職にも応じてくれないというケースも中にはあったりします。そのような会社とは、早急に縁を切りたいと思うのも無理はありませんよね。

このようなケースですと、傷病手当金の申請に必要な手続きも期待出来ないものです。このような状況が続くと、精神的にも参ってしまいますよね。

そこで、最後の手段として提案するのが、退職代行サービスになります。これを利用する事で、面倒な交渉事は退職代行サービス事業者が行ってくれます。会社側と接するのは最低限で、貸与品の返却や、手続き関連の書類のやり取りに限られます。勿論このために会社に出向く必要はなく、全て郵送でのやり取りになります。

つまり、嫌な上司、嫌いな同僚と顔を合わせる事なく、退職する事ができます。

それでは、順を追って述べていきます。

スポンサーリンク

退職代行サービスとは

退職代行サービスとは、会社と労働者の間に入って、退職に関する諸手続や交渉を代行してくれるサービスになります。自ら会社に退職を申し出たり、交渉をするような事は必要ありません。基本的に、退職代行サービス業者が全て間に入ってくれます。そのため、自ら会社に連絡する必要もなければ、会社から直接連絡がくるような事もありません。

スポンサーリンク

退職代行ガーディアンについて

退職代行ガーディアンは、労働組合法に基づき東京都労働委員会に認証されている法人格を有する法適合組合が運営するサービスです。そのため、違法性なく退職する事ができます。退職代行サービスを提供している業者によっては、違法性の高い事をやっているケースもあったりしますので、そのような点からも安心して利用出来ます。

即日対応が可能で、相談した当日から会社に出社する事なく、そのまま退職する事が可能となります。

料金も一律で、雇用形態、年齢、地域による違いはありません。後述しますが、法律事務所を通して退職代行サービスを利用するより安価です。

会社への連絡も、退職代行ガーディアンが代行してくれますので、自分から連絡する必要はありません。面倒な交渉事についても、退職代行ガーディアンが代理人として交渉してくれます。また、会社から連絡が来るような事もありません。仮にあった場合も、退職代行ガーディアンに対応をお願いする事が出来ます。

そして、辞められないというケースが、過去に一度もないのも強みです。

参考までに、退職代行サービスを提供している業者毎の一覧を以下に示します。

一般法人にて、違法性が「?」となっているのは、業者によっては違法性の高い交渉を行っているケースもあり得るためです。と言うのも、代理交渉というものが、弁護士法で違反になるからです。実際にどのような交渉を行っているのか不明であるため、「?」としました。

一方で、労働組合(退職代行ガーディアン)の場合、労働組合法での代理交渉が可能となっています。

これらの事から、一般企業が提供している退職代行サービスには手を出さない方が無難です。また、弁護士(法律事務所)だと費用も高くて、弁護士職務倫理規定で詳細ヒアリングが必要なため、敷居が高いです。

その点、退職代行ガーディアンは、安心して利用出来ます。

利用の流れ

利用の流れとしては、以下の3ステップになります。

  1. 相談
  2. 支払い
  3. 退職の代理対応

1項の相談ですが、電話、LINEのいずれでも可能です。LINEの方が、やり取りの記録が残りますので、お勧めです。

2項に支払いについては、相談した結果、退職代行をお願いするとなったら支払いが発生します。支払い方法は、銀行振込、クレジットカード決済から選べます。

3項になって、いよいよ退職代行サービスの開始です。退職に必要な連絡、交渉を代理対応します。自分は会社と対応する事なく、全て退職代行ガーディアンを通して行って頂けます。

料金

料金は、一律で29,800円です。別途追加費用は掛かりません。

法律事務所を通して退職代行サービスを利用すると、50,000円以上は掛かるケースが多いです。また、雇用形態、年齢、地域によって違いがあるケースもあります。勿論、法律事務所によっても料金は異なってきます。法律事務所の場合、対応するのは弁護士になりますので、人件費の面からどうしても高額になりがちです。

そのような事と比べても、退職代行ガーディアンは、良心的な料金設定であると言えます。

会社とのやり取りは最低限

基本的には退職代行ガーディアンが対応してくれますが、貸与物の返却については、自分から会社に送る必要があります。また、手続き関連の書面のやり取りも発生してくるケースもあります。ただ、いずれの場合も、会社に出向いて何かをするという必要はありません。

流石に全てを退職代行ガーディアンが対応してくれるという訳ではありませんが、このような最低限のやり取りで済むようにしてくれます。

終わりに

退職代行がどのようなものか、その中で退職代行ガーディアンのサービス内容について解説させて頂きました。

冒頭にも書きましたが、退職代行サービスを利用するのは、退職する上での最終手段です。会社が退職に応じてくれない、自分から退職を申し出たくないといった場合に利用を検討してみるいいです。

以下にオフィシャルサイトへのリンクを載せておきますので、気になる方はチェックしてみて下さい。

関連記事

にほんブログ村 転職キャリアブログ 転職・転職活動へ
にほんブログ村


転職活動ランキング

コメント